自然食品店/おいしい自然生活 ナッチュ 様
競合自然食品店との差別化にオーサワ商品を導入
品質への「信用力」で強力なリピーターを獲得
ナッチュ様
導入の背景 近隣の大型スーパーとは一線を画し、自然食品愛好者向けにオーガニック商品を中心に品揃えしていたが、すぐ近くにあったスーパーが突然自然食品スーパーに衣替えしたため競合した。店舗の規模では劣るため、自然食品の中でも競争力の強い商品を求めていた。
導入の理由 自然食品の中でも、オーサワ商品はテレビや雑誌などでの露出も多く、オーサワ商品を名指しで買いに来るお客様が多かった。また、沿線にはオーサワグループのリマ・クッキングスクールもあり、生徒たちがオーサワ商品を買い求めることが多かった。
導入の成果 オーサワ商品は自然食品・マクロビオティック食品の中でも特に品質基準が高く、店員は「本当によいものです」と自信を持って販売できるため、お客様との間で会話も弾み、強力なリピーターとなってもらえる確率が高くなった。また、国産原料や有機原料だけにとどまらず、製法も化学薬品などを使わずに昔ながらの伝統製法であることも差別化となり、全体におけるオーサワ商品の比率は30%超と増加している。
店長 武井浩 さん これからの時代は、食べることだけでなく、環境への取り組みなど、ライフスタイル全般がエコな方向に進むと考えています。その点、オーサワは業界の元祖であり、商品は原料から製造工程まで含めてエコの意識がしっかりしていますので、オーサワさんと深くお付き合いすることは当店の大きな強みです。
店員 金子光宏 さん オーサワは食品の販売だけでなく、料理教室やセミナーなどマクロビオティックに関する様々な営業フォローを小売店向けに行っているので、商品知識を高めるためによく参加しています。大型店と差別化していくためには、詳しい商品知識や、その食品でどんなレシピができるかなどを案内できる応用力が大事です。
おいしい自然生活 ナッチュ 所在地:神奈川県川崎市
「おいしい自然生活」をコンセプトに、大型スーパーが集積する新百合ヶ丘駅近くで自然食品店を経営。1993年、新百合ヶ丘駅の開業直後に出店した。
スーパーマーケット/いちやまマート徳行店 様
独自の品揃えのスーパーを目指す
セミナー開催やコーナー化によりマクロビオティック商品が浸透
いちやまマート様
導入の背景 地元山梨に密着した店舗展開を行ってきたが、全国型スーパーとの競争が激しくなった。このため、より「健康」「安心」「おいしさ」にこだわった品揃えを強化。「美味安心」というプライベートブランド商品と共に、他店との差別化を図っていた。
導入の理由 2010年7月にオープンした徳行店では、差別化路線をより推進するため、「マクロビオティック食品コーナー」を設けることにした。コーナー展開にあたってはオーサワジャパンから、マクロビオティックを知ってもらうセミナーの開催や販促ツールの提供など様々な支援を受けられることで導入を決定した。
導入の成果 比較的高価な商品を購入してもらうためにはマクロビオティックの良さと品質の高さをPRする必要があると、リマ・クッキングスクールのインストラクターによるマクロビオティックセミナーを店内で開催。従来品との原材料や製造方法の違いを理解していただき、実際に試食してもらうことで、徐々に浸透しはじめ、前月比50%UPの売り上げ増が続いている。
本部バイヤー 大崎敏之 さん 品質のより高い商品を従来品と一緒にカテゴリー別に陳列するよりも、コーナー化して集合陳列し、しっかり商品の価値をお伝えしていくことで成果が上がってきました。オーサワにはマクロビオティックのことを分かりやすく伝えるための看板や小冊子などの販促ツールでも支援していただいております。マクロビオティックは何も堅苦しいものではなく、簡単に生活にとりいれることができるものですので、それをもっとお客様に伝えていきたいと思います。これからのスーパーは価格競争に巻き込まれないためにアイデアと努力が大切だと考えています。
いちやまマート徳行店 所在地:山梨県甲府市
山梨県内に11店舗を展開する大型スーパー。「健康的な食生活が幸せをもたらす」をコンセプトにこだわり商品を展開。2010年7月に徳行店を新規オープンした。
漢方薬局/デュアン漢方薬局 様
「養生」を第一とし、自然食品も揃う漢方薬局
マクロビオティック食品との併用で漢方薬の効果もアップ
いちやまマート様
導入の背景 大手漢方薬局に長年勤務していたオーナーの松下さんが、他社の運営していた漢方薬局を引き継いで開業した。「薬は必要に応じて飲むが、日々の生活の養生が最も大切。養生の基本は食」という理念を掲げる。店舗を引き継いだ際に隣接していた薬膳レストランが閉店したため、食品の取り扱いを検討していた。
導入の理由 自分自身が食べてみて、日々続けることができるように「おいしい」ことを基準に食品を選択。中でも主食が最も大事と考え、玄米や雑穀を中心に取り揃える中、オーサワの商品は「おいしさ」と「食材や製法など品質の確かさ」が他の類似商品の中でも群を抜いているとして多くの種類を導入した。
導入の成果 最初は薬の処方だけを目的として訪れるお客様がほとんどだが、なぜそのような症状になったのかを一人ひとりじっくり聞きとった上で、根本的な解決法として日々の食事法を合わせて指導する。オーサワの食品と併用して漢方薬を服用すると、効き目に相乗効果があるため、お客様が効果を実感すると継続して食事療法など日々の養生を実践してもらえるようになった。
オーナー 松下元之 さん 健康回復の要は、ご自身の自然治癒力を高めることにあります。薬だけでは根本的な解決にはなりません。私たちは「心、運動、食事」という養生の基本となる日々の生活全般をアドバイスできる薬局です。特に玄米菜食を基本とするマクロビオティックの考え方を取り入れていますので、常に質の高いマクロビオティック食品を安定して供給してくれるオーサワジャパンを頼りにしています。最近のオーサワジャパンは、食材にどのようにこだわっているのか、どういう食品を提供していきたいのかというメッセージが、以前よりよく伝わるようになりましたね。
デュアン漢方薬局 所在地:東京都北区
「一に養生、二に薬」を前提とし、漢方薬だけでなく食品の販売や太極拳教室を行うほか、アロママッサージ、カイロプラクティック、漢方整体などを併設し、自然治癒力を高める指導を行っている。
カフェ/ナチュラルクルー 様
女性オーナーによる「正しい食事を伝える」マクロビカフェ
オーサワの販売システムを上手に活用して店頭販売も行う
いちやまマート様
導入の背景 元々マスコミ業界で働き多忙な日々を送っていた朝日ゆかりさんが、野菜を中心とした食生活に変えたことによって偏頭痛や冷え性、肌荒れなどの症状が改善されたことから、「正しい食事」を伝えたいと2009年末にオープン。添加物でごまかされた味ではなく、本物のおいしさを提供するために、マクロビオティックの食材や調味料を求めていた。
導入の理由 店のオープン前にオーサワグループのリマ・クッキングスクールに通っていたこともあり品質の確かさを実感していた。また、オーサワは注文翌日には商品が納品されることや、1つからの単品注文も可能なこと、さらに約1600点という豊富な品揃えなど、販売システムがしっかりしていて便利なことも導入の理由となった。
導入の成果 ナチュラルクルーでは、単に食事を提供するだけではなく、レシピや使用食材のこともお客様にどんどん伝えている。さらに自宅でも正しい食事を味わっていただきたいと、メニューに使った食材や調味料を店頭で販売もしている。これらほとんどの商品がオーサワからの仕入れで、お客様からは「買った調味料で、家でも作ってみたら味付けはしょうゆとダシだけなのに本当においしくできた」「大豆ミートのから揚げは子どもも大好き」といったうれしい反応があった。
オーナー 朝日ゆかり さん 本物の調味料を使った料理はシンプルな調理でも十分においしいんです。特にオーサワの「手づくりしょうゆ」などは重宝しています。ですから、お店の食事でレシピを知ってもらうのももちろんですが、店頭の食品を通じて材料の大切さも伝えていきたいと思っています。「小さなカフェを自分で経営したい」と思われている若い女性の方も多いと思うのですが、狭いスペースを上手に活用するために、小まめな注文にも対応している販売システムは助かります。もし自然食系のカフェをしたいのであれば、よい調味料を使うことはとても大切だと思います。
ナチュラルクルー 所在地:東京都世田谷区
「正しい食事」を伝える二子玉川のおしゃれな人気カフェ。在来種、自然農法の野菜をはじめ、昔ながらの製法で作られた調味料など、マクロビオティックの食材を中心にした「カフェごはん」を提供している。
レストラン/菜ごころ 様
自然栽培、有機栽培の「野菜」にこだわるレストラン
オーサワの調味料で野菜のおいしさを引き立てる
いちやまマート様
導入の背景 経営者は東横線沿いに4店の食品スーパーを持つ企業。スーパーでも地元神奈川の野菜を積極的にPRしていたが、もっと野菜のおいしさを多くの人に知ってもらいたいとレストランをオープンした。自然食にこだわりながらも、しっかりとした味付けで素材のおいしさを引き出せる基礎調味料を求めていた。
導入の理由 安心、安全にこだわる料理長が「添加物を使っておらず、しっかりとした濃い味付けの調味料」ということでマクロビオティック食品卸会社の中からオーサワを選び仕入れることになった。特に食べ放題の「サラダバー」は店の看板で、新鮮な野菜から作る自家製ドレッシングはオーサワの調味料と組み合わせて活用している。
導入の成果 素材の良さを引き立てる調味料でつくるヘルシーな料理の数々は、開店早々から若い女性を中心に人気を集め、「こんなに野菜をたっぷり食べたのは久しぶり」という声をよくかけてもらえるという。また、店頭には使っている食材をディスプレイしてあるが、オーサワの商品を知っている人も多く、特にアレルギーのあるお客様などには安心して入店してもらえるようになった。
店長 長谷川直嘉 さん 無農薬や無添加の自然食品が素材だと原価が高いと思われがちですが、調味料などはそれほど多量に使うものではないので質の高いものを使います。その分メインとなる野菜などは農家と直接契約を結ぶなど、高品質と低価格を実現するための努力は怠りません。これからの時代、私たちのような自然栽培や有機栽培の食材を使ったレストランがどんどん増えてくると思います。新鮮な素材のもつ本当のおいしさをよい調味料で引き出すことで「おいしくて、安くて、体によい」メニューをこれからも提供していきたいと思います。
菜ごころ 所在地:神奈川県川崎市
「野菜がもっと好きになる」をコンセプトに、2010年9月に元住吉駅近くにオープン。自然栽培野菜、有機栽培野菜を中心に産地直送のこだわり素材を使った低カロリーメニューを揃えたレストラン。